駅前が活況を呈している|東急コミュニティーの評判を元に経営プランを組もう|安心の住宅経営

東急コミュニティーの評判を元に経営プランを組もう|安心の住宅経営

お金と積み木

駅前が活況を呈している

家とドルマーク

低迷していた日本の経済も復調傾向が顕著となっています。中国経済の減速の影響が一部に出ているとは言え日本の企業業績は全般的に改善しています。不動産市況もデフレ以降続いた長期下落傾向にようやく歯止めがかかり三大都市圏を中心に回復傾向を見せるようになりました。名古屋でも企業業績の改善を背景に名古屋駅前を中心に大型の不動産開発が進められており、不動産取引も活発化しており不動産売却にとっての環境が整っています。日本の不動産売却の受け皿として、従来の国内の投資家に加えて海外からの不動産投資マネーの流入が顕著になっている背景には、日本の政治的な安定に加えて近年の為替の大幅な円安が海外の投資家にとって魅力が増加していることが挙げられます。

しかしながら日本は少子高齢化が進んでおり、その対応が遅れているのが現状です。不動産市況にとっては大きな逆風となる可能性があります。現在人口が増加している地域は首都圏4都県と愛知県、沖縄県の6地域しかありません。愛知県は名古屋市を中心に製造業の回復が追い風になっています。駅前の大型開発においてもテナントの決定状況は好調のようです。今年から相続税の増税の影響で不動産価格の上昇は相続税の負担を増加させることになります。不動産売却で相続税の支払い原資をねん出する動きが見られるようになっています。名古屋でも大型開発の影響で不動産価格の上昇が顕著になっていますので不動産売却にとっては大きなチャンスを迎えています。今後の少子化による不動産への影響を考えると現在が最適な時期と見る向きも出ています。